経団連の就活ルール廃止でどうなる?いつから?【就活】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

経団連ルールの廃止が決定されましたね.

いったい誰に影響があって,どのように就活が変わっていくのか見ていきましょう!

そもそも経団連ルールとは?

経団連ルールとは経団連に属する企業が学生の学業を優先するために,就活の日程を取り決めたルールのことをいう.具体的には,最近では3月に説明会解禁,6月面接解禁,10月内定と定めていた.しかし,外資系企業や経団連に属していないベンチャー企業などはこのルールに縛られないので,3月よりも前に採用活動を行い,いわゆる「青田買い」を行って優秀な学生を獲得していた.さすがに,経団連企業もこのままでは優秀な人材を獲得することができず,競争力が落ちる危機感を抱いたのでしょう.結果的に,経団連ルール廃止となりました.

廃止はいつから?誰対象なのか?

経団連ルールが廃止されるのは,2021年卒の就活生(現在大学2年生)からです.

就活はどう変わるのか?

経団連ルールが廃止されることによって、上記した3月に説明会解禁,6月面接解禁,10月内定という従来のスケジュールはなくなります。これから所謂、通年採用へ各企業とも推移していくと考えられますが、そこまではある程度段階を踏んでいくでしょう。通年採用とは、一年中採用活動を行うことで、自分の好きなタイミングで応募を行い選考を受けることが可能です。現在ではメルカリやヤフーがこの方式を採用していますね。通年採用にいたるまでの過渡期として以下のようになっていくと考えられます。

1.新卒一括採用+α

ルールが廃止された当初は、まだまだ新卒一括採用の流れはなくならないと思われます。面接が外資系にあわせて年明けからなど、多少早くなることは想定されますが従来の就活の型で対応できます。
また、この時期からインターンシップでの採用も増えてくるでしょう。従来は経団連ルールに縛られてインターシップは飽くまで就業体験を目的としていましたが、これからは優秀な人材を選別する事実上の採用活動となります。内定を早期に獲得するためには、今以上に積極的にインターンシップに参加していくことが求められます
ちょっと気になる企業の様子見で使いにくくなってくるのが難点ではあります。

2.新卒採用+通年採用

新卒採用と通年採用が併用されると考えられます。基本は新卒採用としながらも、意識が高い学生のために通年採用の門戸を開くようになるでしょう。学生は通年採用で1年生から応募できますし、面倒臭い場合は新卒採用に限って応募することもできます。

3.通年採用のみ

最終的には、全て通年採用のみになると考えられます。学生は自分の好きな企業に好きなタイミングで応募できます。1年間に1回のみ挑戦が許されるのが通例ですので、1つの企業に対して大学生の間に4回チャンスがあることになりますね。この場合、とりあえず有名企業は受けとこうという流れができると想定されます。すなわち、従来は新卒一括採用で時間的余裕がなく業界を選んで応募していた就活生が、業界を限らず有名企業に応募し始めるので、有名企業は鬼のような倍率になると考えられます。

学生にとっての通年採用のメリット

  • 志望度が高い企業に合計4回挑戦できる
  • 自分で就活のスケジュールをたてられる
  • 1年から就活、社会を意識しやすく、求められる能力を身に付けやすくなる
  • 従来より数多くの企業に応募することが可能になる

学生にとっての通年採用のデメリット

  • 有名企業の倍率が従来より高くなる
  • みんなが一斉に就活し出す訳ではないので不安に刈られやすい
  • 不安から学業に専念できない、メンタル面への影響

企業にとっての通年採用のメリット

  • 優秀な人材を外資に負けずに獲得できる
  • 新卒一括採用では大量に一気に処理する必要があったが、通年により分散されるため労力低減

企業にとっての通年採用のデメリット

  • 早期に学生を獲得した場合に、維持し続ける労力がかかる
  • 有名企業の場合、鬼のような倍率になる

まとめ

どうだったでしょうか?就活ルールが廃止されることによって、このような流れになっていくと予想されます。学生に対して言いたいことは、基本的に学生にとってデメリットはないので、不安になる必要はありません。しっかり情報を集めるために、セミナーなどには積極的に参加することをお薦めします。