【住友商事の今後と将来性】メディア・デジタルや建機・航空機リースに強み【企業分析】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

住友商事株式会社

5大商社の一角をなす住友商事

就職先としてありなのかなしなのか見ていきましょう!

住友商事とは?

創業:1919年
収益:4兆8273億円
従業員数:73016人(連結)
本社:東京

勤務地

基本的に東京本社勤務となります.
その他に中部,関西,支社があり,若干名配属される予定です.
あとは業務に合わせて国内,海外問わず多数の出張や駐在が考えられます.

事業情報

以下のグラフは特記していない限り「統合報告書 2018」より引用しています.

住友商事の収益・売上総利益推移は以下のようになっています.
f:id:k-true:20181018214242p:plain
なお,単語が分からない方はこちらの記事を先に見ていただくと分かりやすいと思います.
商社の業績の見方.収益,売上総利益,純利益とは.営業利益はどこ? - AtoQ
収益は年々拡大していることが分かります.これは5大商社の中でも珍しく,三菱商事や三井物産は波があり,ほぼ横ばいの成長を遂げています.事業自体の規模が年々上昇していることが伺え,今後も成長が期待できます.一方で,売上総利益に関しては,9000億円前後で安定しており,収益が増加しているにも関わらず利益には繋がっておりません.薄利多売となっていると想定されます.粗利益率は19.8%となっています.

また,住友商事の純利益推移は以下のようになっています.
f:id:k-true:20181018215144p:plain
2015年は米国のシェールオイル開発事業で3250億円の減損を計上したために赤字に転落しています.2016年にも同様に資源関連で減損を発表したため,比較的低い利益となっています.したがって,特に減損要素がない場合には2000億円前後を稼ぎ出す力はあると考えられます.また,一転して資源系の好調により2018年は過去最高益となっています.

住友商事は以下のような事業を行っており,その売上総利益構成比は以下のようになっています.
f:id:k-true:20181018225719p:plain
メディア・デジタル事業および生活・不動産事業がtopであることが分かります.次点で資源・化学品で,その他として金属,輸送機・建機,インフラという構成になっています.

金属事業

f:id:k-true:20181018221545p:plain
鋼材,鋼管,非鉄金属(アルミ,チタンなど)製品を取り扱っています.2015,16は殆ど純利益は出ていませんでしたが,2017年にはようやく純利益を出すことができました.これは北米鋼管事業の収益が改善したことが理由としてあげられています.

【主要な事業・関係会社】

  • 新日鐵住金(出資比率1.9%)
  • 伊藤忠丸紅住商テクノスチール
  • マレーシアにおけるアルミ事業(東南アジア最大級のアルミ生産能力を誇る)
  • EASTERN STEEL INDUSTRY CORPORATION(亜鉛メッキ鋼板の製造)
  • 世界トップクラスの油井管取扱量
  • 鉄道用レール・車輪・車軸トップシェア

輸送機・建機事業

f:id:k-true:20181018221608p:plain
船舶,航空宇宙製品,自動車,建設機械のリースやファイナンスを取り扱っています.毎年安定した純利益を稼いでいます.
【主要な事業・関係会社】

  • 三井住友ファイナンス&リース(出資比率50%,国内最大級のリース,ファイナンス会社)
  • 住友精密工業(航空機部品の製造販売)
  • 総合商社内では最大規模の建機販売・レンタル(コマツ製品の取り扱いが多い).ウガンダ・モンゴルなど新興国へ初の建機輸出を実行.
  • 世界最大規模の航空機リース事業

インフラ事業

f:id:k-true:20181018221625p:plain
社会インフラ,電力インフラ,物流インフラなどを幅広く取り扱っています.規模は大きくないものの,毎年安定した純利益を稼いでいます.再生可能エネルギーに力を入れている印象.
【主要な事業・関係会社】

  • サミットエナジー
  • 欧州における洋上有力発電事業
  • 東南アジア,主にインドネシアにおける地熱発電事業

メディア・デジタル事業

f:id:k-true:20181018221640p:plain
メディア(ケーブルテレビ,映像コンテンツ,テレビ通販など)やデジタルビジネス(ICTプラットフォーム事業,ベンチャー投資など),スマートプラットフォーム(情報通信インフラなど)を取り扱っています.毎年,非常に安定して高い純利益を稼ぎ出しています
【主要な事業・関係会社】

  • J:COM(ケーブルテレビ市場シェアNo.1)
  • SCSK(大手SIerの一つ.)
  • ディスカバリー・ジャパン

生活・不動産事業

f:id:k-true:20181018221640p:plain
リテール事業,ドラッグストアなどのヘルスケア事業,繊維事業,食料品,資材ビジネス,不動産を取り扱っています.毎年,非常に安定して高い純利益を稼ぎ出しています
【主要な事業・関係会社】

  • 住商フーズ
  • サミット(首都圏スーパー.売上高2700億円.)
  • GINZA SIX

資源・化学品事業

f:id:k-true:20181018221732p:plain
金属(銅,金,銀,亜鉛,鉛,ニッケル,石炭,ウラン)や石油,LNG,各種化学品,医薬等のライフサイエンス事業を取り扱っています.資源価格が低迷したことによって巨額の減損を計上したことによって2015,6は赤字に転落しています.一方で2017年は好調に推移したことによって多額の純利益を記録しています.
【主要な事業・関係会社】

  • サンクリストバル鉱山(亜鉛世界4位,鉛世界6位の生産量.住友商事100%出資)
  • 住友商事ケミカル
  • 農薬販売事業
  • 銅事業(世界3位,6位の生産量を誇る鉱山を共同出資.)
  • ニッケル事業(世界最大規模の生産場を有する.世界シェア3%)


正直,何でもやりすぎているので書ききれません.気になったグループについて詳しく調べてみてください.アニュアルレポートに詳しく現在行われている事業について記載されています.

住友商事の強み

  • メディア・デジタル事業に強み

よく言われていることではありますが,総合商社の中で最もメディア事業を得意としています.ケーブルテレビの国内シェア1位のJ:COMやSIer大手のSCSKを有しているのは強いですね.

  • 建設機械や航空機リース

建設機械や航空機リースに関しては国内の総合商社の中で最大規模です.

  • 非鉄金属を多く取り扱っている

銅やニッケル,亜鉛など石炭や鉄鉱石に依らない金属ポートフォリオが作製されています.

住友商事の弱み

  • 市況の影響を受けやすい

まだまだ資源比率は高くはないものの,市況の影響を受けやすく,時には2016年のように赤字に転落してしまうことがあります.

  • 鉄鋼事業

もともと新日鐵住金が住友グループであった名残から鉄鋼の取り扱いに長けています.しかし,近年は中国が過剰生産を行っており,利益が出にくい状況になっています.

住友商事の今後

中期経営計画から見る今後の施策

既存事業を成長させつつも,以下の3点を成長分野と位置付けています.

  • テクノロジー×イノベーション
  • ヘルスケア
  • 社会インフラ

キーポイント

  • テクノロジー×イノベーション

メディア・デジタル事業に強みを持つ住友商事にとって,このテクノロジー・イノベーションは優位性を担保しやすく今後の成長が期待できる分野です.全産業のICT化は近年急速に進んでおり,その統括情報システムの需要は高まるばかりです.住友商事のネットワークとSCSKのSIerとしての能力を組み合わせれば,世界でも一定のシェアを獲得できるのではないでしょうか.すでに200億円の投資枠を設定しています.

住友商事は就職先としてあり?なし?

  • 勤務地

基本的に東京本社勤務となります.
その他に中部,関西,支社があり,若干名配属される予定です.
あとは業務に合わせて国内,海外問わず多数の出張や駐在が考えられます.

  • 将来性

潰れることはまずない.事業全体を見た印象としては,非常に安定している.今後伸びしろとなる分野に強みを多く有しており,恒常的な成長が可能だと考えられる.資源系への傾倒も少ないので,資源による爆益は見込めないものの,逆に安定した経営を行っていけると考えられる.将来的にはより資源系の割合は下がってくる.

  • 年収

1304万円

メディア・デジタル分野,あるいは自動車・建機リースに興味がある方にはありかと思います.
メディア・デジタル分野に興味がある方は住友商事一択だと考えられます.また,鉱山を保有して販売するだけではなく,全世界的な鉱山の開発に興味がある場合には,建機レンタルを通して携わることが可能ですので,ありかと思います.

以上ご参考になれば.

他の企業はこちらから.
www.atoq.tokyo